2018 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 08

[----] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment-│--時頃 |

[1102] モザイク石けんのラッピング2

以前ご紹介したモザイク石けんのラッピング。今度は違うバージョンをご紹介します。
またまたラッピング前を撮り忘れてしまいました。残念。


【モザイク石けん】

縦長に石けんをカットするのが最近はかわいく思えてきて、これから増えていきそうな予感。
白のワックスペーパーを使用してかすかに模様が見えるようにしました。

DSC_0126_convert_20151030034025.jpg



写真を撮る時は、背景にも気を使います。この背景の生地、初めて撮ってみましたが、なかなか好み。ナチュラルさがいい感じ。でも斜めに角度がついていて、写真は撮りづらいのです。?なぜかって、それは椅子の座面だから。笑。

旦那さまが結婚前に北欧で見つけた椅子。

DSC_0122_convert_20151030162702.jpg


昨年かな、同じタイプをまた見つけたから買いたいと言われたけど、もう椅子はいらないと反対した私。でも後々になって、二度と同じ型の椅子は出てこないかもなあと思い、やっぱり買おうかと言い出した私です。しかし時は遅し、すでに張り替え済みでした。せっかくなら自分で生地を選びたかったけど、仕方ないので、そのまま購入となりました。ちょっとナチュラルすぎだと思っていたこの張り地も、今では我が家になじんでいます。そして新しい用途を発見。撮影するのにベストな背景だと気がつきました。とてもきれいな張り地なのです。これからたびたびお目見えしそうです。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ






スポンサーサイト

作った石けん | CM 0│04時頃 |

[1002] モザイク石けんラッピング

模様を見せたい時によく使うのがPP袋。
透明のPP袋に色付きのわしゃわしゃ(紙パッキン)を入れて、石けんを入れて、口をぎゅっと結ぶだけの簡単なもの。とても簡単だし一般的ですよね。私も好きでよくやるラッピングです。
でもでも、簡単だけど難しい〜と私はいつも思っています。ビニールラッピングは手軽なためショップでも行う頻度が高く。。。それゆえに自然にこだわりが産まれてしまいました。なんてハードルを自分であげてしまった!? いやいや普通に包んだだけです。


【モザイク石けん】

私の定番ラッピング方法で。

DSC_0137_convert_20150930225440.jpg

DSC_0124_convert_20150830132546.jpg



【ローズヒップとガッスールの石けん】

これも模様を見せたかったので、ビニールのみでシンプルに仕上げました。
石けんの中に入れたコンフェがかなりお気に入り。また登場しちゃいそうです。
写真撮らなきゃと気がついた時には残2個でした。思い出して良かった。ふー。

DSC_0130_convert_20150930225416.jpg




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

作った石けん | CM 0│00時頃 |

[0715] ヨモギ & 竹炭 石けんラッピング 

トネリコハの石けん教室では、参加してくれた方々へお土産石けんを差し上げています。
石けんが出来上がるまでの1ヶ月、自分で作った石けんを眺めながら過ごすのも楽しいけれど、早く手作り石けんの良さを実感してもらいたいなあと思い、始めたもの。お教室と同じレシピの場合もあれば、違うレシピのものだったり、その時々で違いますが、たくさんの種類の石けんを試す良い機会にもなればいいなと思い続けています。

そして、せっかくお渡しするので、できるだけラッピングをした状態でお渡しするようにがんばっています。
小さな世界だけど、ラッピングへのこだわりは強い方だと自負している私。雑貨やインテリアの仕事をずっとしていたからでしょうね。ラッピングを考えて、工夫するのも好きでした。

でも、そのせいか、ラッピング自体は割とシンプルです。過剰包装も嫌だし、キレイに持ち帰れない(紙やビニールがすぐにぐしゃぐしゃになってしまう)包装も嫌だし、考えすぎて頭が硬くなっている!?とも言えるかもしれない。。。パターンが決まってきているなあと最近思います。でも、いいか。かわいいかなと思う組み合わせを試してみてこうなったので。今までラッピングを紹介するのは躊躇する気持ちがあったのですが、今後は紹介しようと思います。特別に凝ったことはしないから、毎回紹介しても面白くないかもしれないのですが。。。

ということで、前置きが長くなりましたが、7月に作ったラッピング。


【 ヨモギだんご石けん & 竹炭のスースー石けん 】

以前、友人の結婚式でのプレゼントにも使用した大好きな包装紙。
紙の存在感が好みです。

DSC_0117_convert_20150715004434.jpg

DSC_0136_convert_20150616130208.jpg


【 ヨモギのスプーンスワール 】

ヨモギをイメージした薄用紙で。
実はこれはデンマークのお土産が包まれていた紙。
色も渋くて、厚さも良い感じで、とっておいたもの。

DSC_0121+-+バージョン+2_convert_20150715004459

DSC_0144_convert_20150616130357.jpg






にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

作った石けん | CM 0│01時頃 |

[0510] もうすぐです。

さてさて、もうすぐ5月12日です。
Vayuさんでの石けんワークショップが近づいてきました。
早くVayuさんのスムージーが飲みたい。できたらランチも食べたいし、マユゲパンも買ってかえりたいなあなんて、いろいろと期待しちゃってます。そして、Vayuさんといえばホーリーバジルのハーブティーも!楽しみです。

「ローズクレイとアルガンオイルの石けん」ワークショップはまだお席が若干空いてますので、直前にはなりますが、ご都合つく方いらっしゃいましたらご連絡くださいませ。

ワークショップ詳細はコチラの記事を参考になさってくださいね。

ところで、よく知り合いに聞かれるのがEn d'Autres Thermes(アン・ドートル・テルム)とコラボなの?ってこと。
みんな不思議に思うのかな。どうやって知り合ったの?とか聞かれることが多いので、出会い話をご紹介しておきますね。モロッコのオーガニックスキンケアのブランドであるアン・ドートル・テルム(アンドートルさん)との出会いはオーガニックEXPOという展示会ででした。私がインテリアショップでボディケアなどの仕入れを担当しており、展示会で見つけて惚れ込んで、ショップで展開することになったのがきっかけです。
その頃いろいろなブランドを見てましたが、その素材の良さとリアルなナチュラルさ、そしてパッケージのセンスの良さに惚れ込んでしまいました。素焼きの入れ物なんて特にステキ。日本に導入されてないようですが、展示会では大きな素焼きの入れ物にハーブバスの材料が入っていたりして、本当にセンスの良いくて、ディスプレイしたい欲望もぐいぐいつかまれてしまった訳です(笑)。いやいや本題は見た目ではなく、中身でした。モロッコについては詳しくない私ですが、天然美容原料の宝庫と呼ばれるだけあって、ストイックに素材にこだわってるんだろうなあと。生理学博士が作っているだけあって、ただ自然原料でというだけでなく、科学的に基づいて作っているというところがポイントです。

カタログにさらっと書いてあるのを抜粋してみます。
1.モロッコの天然美容原料をベースに、厳選された自然の原料のみで作っています。
2.植物原料は、可能な限り野生あるいは有機栽培されたものを使用しています。
3.全ての製品は無添加で、大量生産せずに手作りしています。
*無添加・・・全ての製品は、防腐剤・保存料・石油由来原料・界面活性剤・鉱物油・アルコール・着色料・合成香料を一切使用していません。

ナチュラルって言葉はいろいろな意味で使われるから嫌いなのですが、あえて使うと、このブランドはリアルにナチュラル。逆に珍しいなあと思ってしまったのです。成分表がわかりやすいのです。オーガニックコスメって、良い物多いと思いますが、成分表のカタカナのよくわからない言葉のオンパレードに読んでて疲れるし。粉砕とか書いてある方が落ち着く。

実際に使ってみたら、本当に良くて、最初にアルガンオイルにはまり、何本リピートしたことか。
オイルを使ったケアはそれまでもしていたのですが、アルガンオイル使うと他のオイルが物足りなくなってしまいましたよ。他にもソフトエクスフォリエイトというマリンクレイとローズの泥パックとか、私には欠かせないアイテムです。ローズやネロリのウォーターもおすすめ。普通は精油を抽出する過程でできる副産物がフラワーウォーターなのですが、このブランドは昔ながらの製法で精油を抽出しないで、というかフラワーウォーターのために花びらを蒸留するとっても贅沢な製法をしているのです。最初は高いなあと思ったけど、いろいろ知っていくとこのお値段も納得です。おっとっと、いろいろ書き出すと長くなるので、この辺で終わりにします。

ということで、メーカーさんのお話を聞くのが好きだったこともあり、退職後も連絡を取っていて、ついには石けんワークショップやろうよということになった訳です。アルガンオイルもいろいろあるけど、アンドートルさんの贅沢アルガンオイルを石けんに使用できる機会はなかなか無いので、貴重な機会。私も楽しみです。


長くなってしまいました。読んでくれてありがとうございます。
ワークショップの荷物も配送したし、準備は進んでいます。
外ということもあり、すでに緊張しているのですが、皆様に楽しんでいただけるようにがんばります。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

作った石けん | CM 0│21時頃 |

[0316] 失敗だけど成功。

あららの保温不足&たぶん撹拌不足。
石けんの色がまだらに白っぽくなってしまいました。

型出しした時は、あー!ショック!と思ったけれど、よく見たらなかなか素敵に見えてきた。
もともと淡いピンク色の石けん。さらに白が混ざって、淡淡になったピンク。
いろいろなピンクが見え隠れする様子は桜の満開の姿を切り取ったみたい。
狙ってだせないだろうな、この模様は。
偶然のデザインって素敵だ。

IMG_1247_convert_20130315230454.jpg


でもこれ、花吹雪石けんワークショップのコンフェ用に2月に作ったもの。
さすがにワークショップでは使えない。。。慌てて作り直しました(笑)。
やり直し作品はつるんときれいにできてよかった。ほっ。

IMG_1211_convert_20130308235536.jpg



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

作った石けん | CM 0│00時頃 |

| main | next »

Handmade Soap Workshop

横浜市青葉区でひっそりとおこなわれる、少人数の石けん教室。

毎日使うモノのこと、ちょっとだけ考えてみる。そんな機会になれば幸いです。

♢ご案内♢
第2子出産のため、自宅でのワークショップを7月よりお休みをしております。再開時期はまだ未定です。ご了承ください。

掲載記事


クリエーター女子のためのlife style mag
         →→→『箱庭』

横浜市青葉区のエコサイト
        →→『森ノオト』

プロフィール

tonericoha

Author:tonericoha
地球と自分に優しい暮らしの道具として、2009年よりふと石けん作りをはじめました。

自己紹介

アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

素材をお借りしています

Night on the Planet

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。